インプラント矯正とは

インプラント期間を考える

治療期間短縮できるインプラント

歯並びを改善する方法は色々あります。たとえば、ブラケットという金具を使う方法やマウスピースを使う方法がありますが、インプラント矯正という方法もあります。この方法には、治療中に虫歯になるリスクが少ない、特定の歯だけに焦点を合わせることができる(口腔全体に負担をかけない)、話しにくさや違和感を感じることが少ない、といったメリットがあります。ですが、一番のメリットは治療期間を短縮できることかもしれません。また、インプラント矯正は魅力的な治療法と言えますが、小さなスクリュー(ネジ)を埋め込む施術を受ける必要があります。

インプラント矯正は治療期間

インプラント矯正は、顎の骨に一時的に埋め込んだミニスクリューを支点に歯を引っ張り、乱れた歯列を整えていき、治療期間を従来の方法より短縮できる新しい治療法です。今までの治療法では約2年から3年程度かかっていた治療期間がインプラント矯正を行うことにより1年間から2年程度と大幅に短縮することができます。他のメリットとしては、痛みが少なく難しいとされていた悪い噛み合せや突出歯、ガミーフェイスなどの外科的手術が必要であった治療も行えます。治療の痛みについては、スクリューを埋め込むときも通常の麻酔をうつときにも表面麻酔をするなどの処置があるためほとんど痛みがありません。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラント期間を考える All rights reserved